2015年07月10日

世紀末・戦争の構造―国際法知らずの日本人へ 小室 直樹 (著)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/419890832X/ref=cm_sw_r_tw_myi?m=A387GVSHZJ48CU
005.JPG007.JPG006.JPG戦争、国際政治、国際法は三位一体でないと理解できない。
国家ができる前に、ヨーロッパは既に存在していた。
このキリスト教共同体からいかにして、国家、資本主義、近代法、戦争が生まれたか。
本書はその根源にある宗教を徹底分析している。
ヨーロッパで生まれたこの怪獣は、世界中に広まり、新環境に応じて姿を変じていった。
この怪獣の変貌を追跡し、その意味を真に把握する。でないと....我々は気が付けば戦場に立っていたという羽目に陥ることだろう。
posted by くりおね at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

憲法序説 (社会科学古典選書) A.V.ダイシー (著), 伊藤 正己 田島 裕

本書は,大陸諸国の憲法・行政法と比較し,
議会主権と法の支配の二大原理がイギリス公法の特徴であると説き,
また憲法と憲法上の習律conventionの区別を明らかにした。 
また本書はイギリス憲法の伝統的理論に古典的形態を与えた
ものとして,後の公法学に多大の影響を残した。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4313450033/ref=cm_sw_r_tw_myi?m=A387GVSHZJ48CU

憲法序説 001.JPG憲法序説 002.JPG
posted by くりおね at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。